出来る限り!!!
いつまで頑張れるか?^^
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギャン画像アップ終了です
遅くなりましたが、画像アップ後半戦です。
かなり長いです(汗

gya0861612.jpg


腕部は画像に写ってませんが手首の部分で約2ミリ程度延長してます。
また段つきのディテをいれて密度感を上げたつもりなんですがどうでしょうか?

肩にはアポジモーター風ディテを入れてます。
大きなディテは気持ち的に入れたく無かったので考えあぐねていたのですが、たまたま見た「MGボール」のデザインにヒントをもらってこの形になりました。

上腕部も下側に向かってプラ板で延長形状変更を行ってます。

サイドアーマーのディテはウェーブの角バーニアを基部にプラ板とプラ材の組み合わせです黄色の部分にエバグリのハーフラウンドを貼付けました。

ここの色分けはシマコウさんの電ホ別冊のザクからヒントを頂いてます。
グレー&ブルーの単調なカラーにアクセントが付けられたかなと自己満足してます(笑

段つきディテは全てプラ板を貼付けた後整形してます。

gya08620102.jpg

gya52901.jpg

首の後の面が広くて頭部の大きさとバランスが取れませんでしたから、面取りパイプとメッシュライン、プラ材でディテールをでっち上げました(笑

一部スジ彫りを入れてその部分だけ色を変更してます。
またフレームと動力パイプも色を変えて塗装しました(分からないですね 汗

gya0861617.jpg

gya50801.jpg


バックパックはキットを約1センチ延長してます。
プラ材とスジ彫りで情報量を上げたつもりなのですが、どうでしょうか
メインのノズルはANの物を2重にして内側をクリアレッドで塗装してます。
ボディとのマッチングは悪くないと思ってます。

リアアーマーも元ディテをくり抜きスリットプラ材で裏側から塗装後接着してます。
ここの段つきディテもプラ材の張り合わせを行いました。
あと0.25ミリのエバグリで淵にそって凸ディテを貼付けました。

gya0861618.jpg

足裏にもバーニア&ディテを入れました。
脚部スカート裏にエバグリのプラ材でディテを入れてます。
これは前作のゲルググでも制作したのですが、MAX渡辺氏のゲルググに影響を受けているのでここでも使ってます。

gya0861901.jpg


足首はボールジョイント部分で甲の部分を上方に2ミリ程度延長して可動範囲を広げてあります

gya0861902.jpg

どうしてもバーニアが足りないと思いましたので、HGドムのパーツを流用して足首に装着してます。
これのお陰で横方向には大きく可動が制限されることに昨日気付きました(バカですねw

gya0861905.jpg

裏側から見た図です。
足裏のバーニアもバックパック同様の構造にしてます。

gya0861903.jpg

gya0861504.jpg

シールド表部分は大きな変更はありません。
ハイドポンプ射出口を繋ぐ形でスジ彫りを追加したくらいです。
本体塗装はツヤを消し、ミサイル等にはツヤを残す事で変化を付けたつもりです

gya0861904.jpg

裏面はZIGGYさんの作例を見て自分で出来る範囲でゴチャゴチャでたらめにディテを入れました。
どうせ余り見えないのですから、パーツごとに2種類のグレーで塗り分け細かいディテ部分はレッド&ブルーでアクセントをつけました。

腕の形状変化に伴って、固定部分の向きが合いませんでしたので作り直してますが、かなりこれも「怪しい」出来になってます(笑


やっと最後です(長かったですね^^


gya0861602.jpg

ビームサーベルはほぼストレート組です。
塗装は下地にブラックを塗りクレオスのゴールドを塗装後「ゴールド+ブラック」の混色を上掛けし、クリアで保護してます。
発光部は表面処理後クレオスの「蛍光イエロー」を塗装しガイアノーツの「フラットクリア」でトップコートしました。

以上今回製作したギャンについての画像アップは終了です。
長い説明におつきあい下さって有り難うございました。

gya08620105.jpg


次回作はまだ決めあぐねてますが、なるべく早く完成できる物を選びたいですね(笑
スポンサーサイト
呪縛か!
皆さん、お早うございます

HJの作例記事の画像が余りにかっこ良かったので、同じポーズでの撮影に挑戦したのですがここで問題発生


ビー!ビー!!ビー!!!(心の警報音が 笑
「パターン青 使徒です」違う

塗装が剥げた~(ToT)

もう真っ青になりました(滝汗
ヒジ関節部だったので急遽リペイント!


何とか無事終了しましたから良かったものの

もうポーズ付けた画像は絶対撮らねえ~!(怒
思わず逆上しましたよw

スイマセン画像アップ続きは次回に・・・


言い訳ですが、これが問題の原因となった画像です

gya0861906.jpg


たったこれだけの為にとんだ目に遭いましたorz


ギャン画像続きです
皆さん、こんばんは
ギャンの呪縛(笑 からようやく解放されつつあるKAI31です

先日アップし損ねた部分の画像です。
まず頭部から

gya08061302.jpg


画像の様にノーマル形状から随分形状変更してます。
0.25ミリのプラ材でスリット部分を狭めてます。

gya0862101.jpg


モノアイは基部がAN製、レンズ部はHiqパーツ製を組み合わせています。
レンズの色がオーロラタイプなので光の加減で色が変わるのでお気に入りです

gya0861615.jpg


内部もノーマルから形状変更してます。
モノアイレールはコトブキヤ?のパーツにエバグリのスリットプラ材を巻き付けてます。
ちょっとは雰囲気が出てるでしょうか?

gya0861613.jpg


胸部はHJの木村氏作例を参考にしてます。
当初フィンはノーマルの2本を薄々加工していたのですが、思いっきり失敗しました(笑

このため切り飛ばしてエバグリで作り直し、フィン本数も2本から3本へ変更してます。
またフィン基部の段差も薄々攻撃の際あえなくディテを消失(笑 のためエバグリで作り直してます(精度は駄目駄目ですが・・・orz

フロントアーマーも段つきのディテを作りました。開口して裏側からスリットプラ材で後ハメしてます。

gya0861703.jpg


肩にはダクト風のディテをプラ板の箱組で作りました。分りにくいですが「C面」を入れてます(これは密かにお気に入りですw

エバグリのスリットプラ材を内部に貼付けました。
その上にVHFアンテナ風ディテを左右に入れてます。

gya0861705.jpg


肩口のディテは小賢しい小技の連続です(笑
本来ならもっと機能的なディテにすべきでしょうが、そこは作るのが私ですw知識もなけりゃ腕もない訳で思いつく限りのデタラメの集合体です。

マイナスモールドのラインが後ろに向かっているのは「末広がりの八(ハチ)」なら縁起も良いかな?と思ったからです(核爆
まあ雰囲気出ていればオールOKです!

とここまで書いて来たのですが、思った以上に時間食ってまして、全て載せていたら朝になってしまいそうです(滝汗

ホント申し訳ないっす!続きは次回にさせて下さいませ(^^;


ギャンやっと大地に立つ(滝汗
皆さん、こんばんは
真夜中の更新モデラーKAI31ですw

え~ホントは
yokoku53101.jpg

を使ってネタ考えてたんです(爆 が、もうそんな余力は無いっすorz
撮影疲れ果てました(笑

ゴチャゴチャ能書き(言い訳)書きたかったw
のですが、次回の詳細画像の時にでも、え?そんなの要らない!って(当たり前ですね 苦笑

結局ほぼ1年もかかってしまいましたね(ToT)

ギャン完成です^^

時間だけ異常にかかりましたが出来は製作が私なんでこんなもんです(笑
改めて見てみると、もっと手を入れるべきだった所が結構あったなと反省しきりです!
もっともっと修行せねば(^^;

gya0861505.jpg



残りの画像は
見てもがっかりしない自信のある方のみ(マテ
「続き」からどうぞ!
 

copyright © 2005 出来る限り!!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。